キャッシングで借り入れする時に、今注目しなければならない問題は、総量規制の問題です。総量規制とは一体なんなのでしょうか。見ていきましょう。

 

総量規制とは

 

総量規制とは、原則、年収の3分の1までに制限される仕組みのことを言います。簡単に言えばそれまでのことであり、消費者金融は、既に借り入れをしているお客様に対して3分の1を超えてしまう場合、審査の段階で不通過と言うことになります。
年収が300万円であれば、100万円の貸し出ししか受けることが出来ないと言うことであり、他社に既に借り入れがある場合には、総計して100万円が限度額になります。貸金業法改正によって総量規制は平成22年6月18日に完全施行されました。

 

総量規制で専業主婦が被害を受けた

 

総量規制の問題は専業主婦が被害を受ける形となりました。仕事のしていない専業主婦は借り入れが出来なくなってしまったのです。実際に、正規の消費者金融で借り入れすることが出来なくなってしまった為に、闇金業者に手を出す専業主婦も増えたと社会問題にもなりました。一度は消費者金融は、配偶者貸付という方法を提示しました。

 

配偶者貸付とは

 

配偶者貸付とは、夫婦の年収の合計の1/3までお金の借り入れ出来る方法を言います。夫の年収が600万円であり、妻の年収が無収入であったとしても、 1/3である200万円まで借り入れ可能と言うことになります。
この時同時に専業主婦に対して、配偶者の同意書、住民票または戸籍妙本、配偶者の収入証明と言ったものが求められます。
ただし消費者金融はあまり、専業主婦への配偶者貸し付けを好意的に捉えていません。審査チェックする為に、コストと人件費がかかってしまうからです。専業主婦に安定収入を求め配偶者貸し付けを認めるも、それでも段々と面倒くさいという思いが強くなっています。

 

専業主婦も仕事をしていれば借り入れ出来る

 

現在あるのは主婦も安定収入があれば貸し出しをするスタンスです。専業主婦だけでなく学生に対しても言うことが出来ます。収入があれば、総量規制以後キャッシングカードを作りやすい環境にはなったとも言えます。消費者金融は安定収入と言うものの、それはパートアルバイト程度で大丈夫です。配偶者貸付という概念は、仕事をすることによって独立した概念へとシフトしようとしています。
ここまでは貸金業法にしたがう消費者金融の話しです。総量規制の問題を言えば、銀行法に従う総量規制対象外の銀行カードローンがあります。